2008年01月19日

解雇

ウチのネット環境はちょうど1年前くらいからNTT東のBフレッツだ。

末端装置としてルータ内蔵DSU「PR-200NE」が付いていて、その前から既に無線環境だったので、今更有線に戻れるはずもなく、仕方なくレンタル料払って純正無線カード「SC-32NE」を挿してあった。

それ以前は一足先にBフレ導入した知人から格安で譲り受けたNEC製「Aterm WR6600H」を使っていた。それの子機としてPCMCIAの無線カードも1枚あったので、ひょっとして新しいルータに使えないかな?なんて期待してたんだけど、どうも互換性無さそうだったし、人柱になってルータ本体イカれても嫌だしなーと諦めていた。

だけど、環境変わってからどうも電波が弱くなった気がしてた。

2階でPSP繋ごうとすると大抵「アクセスポイントが見つかりません」になるし。どうにかならんかなと思いつつ1年…。


別な知人がBフレに移行することになり、その際NTTの代理店の人が工事の説明に来て、純正の無線カードは止めたほうがいいですよ、と言っていたという話を聞いた。

その人が「電波が弱い」と言い切っていたらしい。

やっぱりか!!


だったらこんなもん使ってられるかー!と捨てずにとっておいた「WR6600H」を引っ張り出してきて、ルータ機能を使わない設定で初期化して、「PR-200NE」と並べて置いた。

予想通り電波強度は見事に復活した。心なしかスピードも速くなったような。

レンタル解約して返却してやろう。


web拍手 by FC2
posted by ひょろぞう at 23:59 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
 
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「PR-200NE」についてのブログリンク集
Excerpt: PR-200NE に関するブログのYahoo、Google、Goo、Livedoor検索による最新の口コミ情報をお届けします!…
Weblog: 最新ブログをまとめて検索
Tracked: 2008-01-24 21:04